通信制高校に通うための学費とは

私立に通うと必要な費用は公立高校よりも5〜6倍

必要な単位を取得すれば全日制と同じように高卒の資格を得ることができる私立に通うと必要な費用は公立高校よりも5〜6倍学費を節約したい場合は、高卒認定試験を併用する方法があります

住んでいる場所によっては、地元の全日制の高校に進学するよりも通学費用が高額になる場合があります。
毎月の費用に換算すると4〜5千円ほどなので、学業に支障をきたさない程度(毎月5万円前後)にアルバイトをしながら学校に通うことが可能です。
私立高校だと入学金が2〜5万円ほどで、年間あたりの授業料は18〜20万円(1単位あたり6,000円〜)です。
教材費や施設利用料として10万円前後の費用が必要になるので、学校に支払う費用の総額は25〜30万円となります。
学校によってはオンライン授業を受講できるコースが設置されていて、オンラインコースを選択すれば施設利用料や教材費などの諸経費が3万円前後で済みます。
1月あたりに換算すると2〜3万円ほどなので、アルバイトをして学費を賄うことも可能です。
私立の通信制高校に通うと年間あたりに必要な費用は公立高校よりも5〜6倍もの費用がかかりますが、それでも公立の全日制高校に通う場合とほぼ同じくらいの金額です。
全日制の公立高校を受験する際に、併願校として通信制課程の私立高校を選択する方法があります。
公立・私立ともに、通信制課程は全日制高校のように登校時に制服を着用したり課外活動や修学旅行などの学校行事に参加する必要がないという特徴があります。
課外活動や学校行事に参加するための費用がかからないので、入学金・授業料以外の諸経費が低くなります。
経済的な事情で学校の授業料を支払うことができない場合は、「高等学校等就学支援金制度」という国の制度を活用することができます。
この制度を利用するためには1世帯あたりの市区町村民税所得割額が30万4,200円未満という条件を満たしている必要がありますが、学校の種類に応じて授業料の一部が国から支給されます。
受け取れる金額は学校の種類ごとに違いますが、公立の単位制高校であれば1単位あたり336円、私立の単位制高校であれば1単位あたり4,812円が支給されます。